ウォーターサーバーの費用っていくらくらいかかるの?

導入時・導入後にどんな費用がかかるの?

食品の安全性や健康への影響を気にかける人が増えている中、毎日手軽に安全で高品質な水を飲むことができるウォーターサーバーがあれば、とても便利ですよね。ウォーターサーバーを導入するには、一体どれくらいのコストがかかるのでしょうか。

まずは、導入時における事務手数料などの初期費用や、サーバーの送料・設置料です。次に、導入後に毎月発生する費用として、サーバーのレンタル費(購入した場合は分割支払いの費用など)、定期的に送付される水代と送料、電気代です。その他、定期的に発生する費用として、点検や調整などのメンテナンス費などが挙げられます。また、何らかの理由で解約することになった場合は、解約手数料やレンタルしているサーバー本体の返送料がかかる場合もあります。契約する会社によっては、別途違約金などが発生する可能性もあるので、契約内容をよく確認して注意しましょう。

具体的な費用はどれくらい?

導入時にかかる事務手数料などの初期費用や、サーバーの送料・設置料は、キャンペーン等で無料の場合も多いです。導入後にかかるサーバーのレンタル費は、プランによって様々ですが、0円~約1000円ほどです。初月無料などのキャンペーンを行っている会社もあるようです。また、定期的に送付される水代は、約2500円~4000円弱(12リットル×2本)で、送料は無料の場合が多いです。電気代は機種によって毎月約300円~約1000円と差がありますが、常時稼働していると考えれば、高すぎるということはないように思います。最近は、エコモードなどの節電機能が付いているサーバーもあります。メンテナンス費は無料の会社も多いため、安心ですね。様々なプランがあるため、契約の際はよく検討しましょう。